感想処。

ボキャ貧がエロゲの感想を書くだけのブログです。

月に寄りそう乙女の作法 感想

月に寄りそう乙女の作法(Navel)の感想です。

f:id:ao-erg:20160521022052p:plain

公式サイト:月に寄りそう乙女の作法
発売日:2012年10月26日

①評価:A+

以下、多少のネタバレを含みます。

 

 

 

 

 

②自分の攻略順・おすすめの攻略順
自分は、バッドエンド→ルナ様→ユーシェ→瑞穂→湊という順番で攻略しました。
ルナ様の後にユーシェを攻略すると良いと感じました。感情移入しやすいと思います。
湊ルートは、他の3人と毛色の違うストーリーになっています。
バッドエンドは続編である『乙女理論とその周辺-Ecole de Paris-』に繋がるので、最後にやるといいでしょう。

③共通ルート・個別ルートの感想

・共通ルート
遊星の過去話、ヒロイン達との出会い、入学後という構成になっています。
過去話では、ジャンに憧れて追いかけるだけの理由が語られており、良い話でした。ジャンイケメン。
しかしどのルートでもジャンと会話することがなかったのが少し残念でした。
ジャンが遊星のことを認識してくれている描写しかなかったので、どこかで会話させてあげてほしかったです。
その後はルート分岐まで日常パートといった感じです。
朝日の女装がバレそうになったりしてハラハラしますし、ヒロイン同士の絡みも面白いので退屈しませんでした。
ルナ様とサーシャがユーシェの名前でからかうシーンが何回かありましたが、長くて覚えにくい名前が覚えやすくなるので、このような手法で覚えさせるのは良いと感じました。

・桜小路ルナルート

f:id:ao-erg:20160521162744p:plain
賢く冷静で強気であまり感情を表に出さないようなキャラですが、単純で褒められるとすぐ喜んだり細かい気配りをしていたりと、可愛さも優しさも兼ね備えたキャラでした。
弱いところを見せないようにしてはいるけれど、誠実で真っ直ぐな朝日に徐々に心を開いていく様もなかなか可愛いものでした。
段々同性愛への抵抗がなくなってきているのもかわいかったですね。同性じゃないですけど。
キャラも内容も文句なく良いものでした。

・柳ヶ瀬湊ルート

f:id:ao-erg:20160521162837p:plain
他の3ルートはファッションショーに向けて活動し、その中で仲を育んだり問題に立ち向かったりする話でしたが、このルートではショー関係なかったですね。
まあショーより前に学校も屋敷も出て行ってしまっているので仕方ないですが。
内容はというと、正直なところ他の3ルートの方が良かったと思います。
湊がクラスメイトから良く思われていないことを解決出来たのは良かったと思いますが、それ以外に良いと感じられるところがあまりなかったです。
全体的に展開が唐突な感じがしましたし、他のルートではHシーンがかなり終盤にしかないのですが、湊ルートはわりと早めにHシーンがあり、屋敷を出てからはヤリまくっていて、他のルートと比べるとあまり好きではないです。
せっかくのアクセサリーを作るのが得意だという設定も、このルートでは全く活かされていないというのも勿体ないく感じました。
他の3ルートで玉砕し続ける湊が報われるのは良かったです。
あとルナ様の優しさが身に沁みました。

・ユルシュール=フルール=ジャンメール ルート

f:id:ao-erg:20160521163034p:plain
ルナ様のルートと同じくらい良く感じたルートです。
自分はルナ様→ユーシェという順番でプレイしたので、ルナ様が入賞したりショーに使うデザインがルナ様のものに決まったりしている裏で、ユーシェが悔しがって努力をして強がっていたことがよく分かり、とても好きになれました。
天才に努力で勝つという話はよくあるものではありますが、負けて負けて負けて、最後の最後にようやくギリギリで勝てているので、純粋に嬉しさを感じられました。
キャラとしても、プライドの高い子がデレていく様にはなかなか良いものがあり、ルナ様と並んでお気に入りのキャラです。
同性愛に寛容なルナ様も可愛かったです。

・花乃宮瑞穂ルート

f:id:ao-erg:20160521163056p:plain
内容はルナ様とユーシェと同じ方向性の話ですが、その2ルートに比べてパンチが弱かったように感じます。
そう感じた理由としては、シリアスが他に比べて短かったことと、衣遠が敵として立ちふさがらなかったことにあると思います。
決して悪い内容ではないのですがルナ様とアーシェに比べると見劣りする、といった印象です。
最初は大人しいキャラだと思っていたら、段々どのルートでも百合が加速していたのは面白かったです。
甘やかしてくれるルナ様も可愛かったです。

④その他
Hシーンがかなり短いように感じました。気づいたら終わっていることが多かったです。
あとはやたらとHシーンにSEが入ってるのが気になりました。いらないと思います。
他には特に不満はありません。ルナ様とユーシェのストーリーの出来が良く感じたので評価はA+とさせていただきます。
続編として『乙女理論とその周辺-Ecole de Paris-』『月に寄りそう乙女の作法2』が出ている他、丁度来週に更なる続編の『乙女理論とその後の周辺-Belle Époque-』が発売されるそうなので、全て購入してこのシリーズを一通りプレイしていこうと思います。

以上です。ここまで読んでくださり、ありがとうございました。