感想処。

ボキャ貧がエロゲの感想を書くだけのブログです。

フローラル・フローラブ 感想

フローラル・フローラブ(SAGA PLANETS)の感想です。

f:id:ao-erg:20160730195110p:plain

公式サイト:TOP|フローラル・フローラブ
発売日:2016年7月29日

①評価:A+

 以下、多少のネタバレを含みます。

 

②自分の攻略順・おすすめの攻略順

自分は、アーデルハイト→夏乃→七緒→こはね→愁→莉玖、という順番でプレイしました。
おすすめの攻略順ですが、①→②→③→④→夏乃→莉玖、という順番でプレイすることを強く推奨します。
①~④は誰でもいいです。

③共通ルート・個別ルートの感想

・共通ルート
どこまでを共通ルートと言えばいいのか少し悩みますが、ここでは夏乃の家でホラーDVDを見るところまでを共通ルートとさせていただきます。
重めの過去を抱えた能力持ちの主人公が事件を解決していくタイプのお話で、共通ルートからわりとシリアスな展開です。
そういう展開に抵抗がなければまあ楽しめるかと思います。

・美鳩夏乃ルート

f:id:ao-erg:20160730200846p:plain

ルート序盤は七緒ルートも同じ内容になりますが、主人公が自身の過去の謎に迫っていく話です。
恋人に至るまでの繋ぎのような部分ではありましたが、十分なボリュームがあり内容も楽しめたので、この部分はとても気に入っています。
その後は恋人なるまでの過程とイチャラブ、最後に家柄の話とわりとありがちな内容でした。
特に内容に問題はないのですが、前半の方が楽しめてしまったせいか若干消化不良気味です。
この物語の謎の部分に触れるルートだったので後に回した方が良かった気がします。

・朱鷺坂七緒ルート

f:id:ao-erg:20160730200920p:plain

ルート序盤は先ほども書いた通り夏乃ルートと同じです。
このルート序盤の七緒の立ち位置がとても良かったです。一番主人公に対して親身なっていてくれたように感じました。
そこから恋人になるまでが少し長すぎたような気がしますが、主人公も七緒も素直ではないのでまあ仕方ないのかなと思いました。
終盤は夏乃やアーデルハイトと同じく家庭絡みの問題なのですが、他と比べて家柄等の大きな問題はなく、単に個々の感情が絡み合った問題でした。
それが悪かったかというとそんなことはなく、むしろ感情移入しやすかったですし、解決法も良かったと思います。
大きな感動はないものの、じんわりと良い話でした。

・アーデルハイト・フォン・ベルクシュトラーセ ルート

f:id:ao-erg:20160730200955p:plain

利成絡みの話かと予想していましたが、シリアス部分は全て共通ルートから続くあーちゃんのお家騒動でした。
ルート分岐がこのルートだけ早かったです。
わりと性格に難がある主人公でしたが、利成の存在を糧に段々と成長出来ていて良かったです。
あーちゃんの面倒臭がりも多少改善されていましたし、二人で成長出来たんじゃないかと思います。
話自体は少しインパクトが足りないと感じました。
加えて別ルートに比べると、あーちゃん以外のキャラが全然登場しないのも少し残念です。
あーちゃんを愛でながら、あーちゃんと主人公の変化を見守る話という印象です。

・椿姫こはねルート

f:id:ao-erg:20160730201027p:plain

ルート序盤は愁ルートと同じになります。途中までは夏乃・七緒ルートとも同じです。
他のルートに比べるとボリュームが薄かったように感じました。
さらに他のルートと比べるとシリアスな部分も少なかったので、内容に関してそこまで特筆することはありません。
普通に恋人していたという印象です。

・碧衣愁ルート

f:id:ao-erg:20160730201104p:plain

サブヒロインなのでボリュームは少な目でした。
しかしそこまで短いとは感じないだけの量はあったので十分ではないかと思います。
内容はというと、こはねルートと同じくシリアス少なめでイチャラブしていたという印象です。
特に悪い点はありませんでした。

・斉須莉玖ルート

f:id:ao-erg:20160730201140p:plain

このゲームを締めるルートです。
謎だった莉玖と利成のことが明かされていきます。
初めはいきなりパラレルワールドの話になっていたり、主人公が莉玖に対して好意を持っていたりと違和感が少しありました。
しかしそれ以外は特に悪い点はなく、ゲームを締めるのには相応しいシナリオであったと思います。
他のルートよりイチャラブ成分は少なかったですが、まあ仕方ないかと思います。

④その他

気になったのは、照れているときのセリフに「///」が多かった点です。
SSではないのですから、照れを表現するのは立ち絵で事足りるので必要ないと思います。
あと莉玖以外のルートにもう少し莉玖を登場させるなり、何らかの伏線等を残しておいた方が良かったように感じました。話自体はとても良かったですけどね。
システムについて特筆するほどのことはないですが、必要なものは完備されています。
ボリュームは十分な量ありました。
最後に莉玖ルートをプレイするまでは評価AかA+かで揺れていましたが、莉玖ルートが良かったのでA+とさせていただきます。

以上です。ここまで読んでくださり、ありがとうございました。