感想処。

ボキャ貧がエロゲの感想を書くだけのブログです。

約束の夏、まほろばの夢 感想

約束の夏、まほろばの夢(ういんどみる)の感想です。

f:id:ao-erg:20180527012416p:plain

公式サイト:約束の夏、まほろばの夢
発売日:2018年5月25日

 

①評価:B+

 

以下、多少のネタバレを含みます。

 

 

②自分の攻略順・おすすめの攻略順

自分は、陽鞠→渚沙→星里奈→りんか、という順番で攻略しました。
おすすめの攻略順は、渚沙・星里奈→陽鞠→りんか、です。

 

③感想

今回はプレイ順に書きます。

・風見陽鞠 ルート

f:id:ao-erg:20180527015507p:plain

陽鞠が可愛かったのでこの作品を買ったのですが、個別ルートは一番面白くありませんでした。
りんかと星里奈、渚沙と祭が仲良くなったことで余った主人公と陽鞠が恋人になり、しばらくイチャコラしてから、陽鞠が元々能力について嘘をついていたことが明かされ一緒にいる権利がないとかでシリアス挟んで終了でした。
この一文で説明できてしまう内容でありながら、シリアス部分も面白くありません。
そもそも権利がどうこう言い始めるシナリオは、だったら初めから付き合うなという一言だけで一蹴できてしまうことが多く、自分はあまり好きにはなれません。このルートも例に漏れずそのようなシナリオでした。
キャラクターは可愛いだけに残念でした。

このルートではありませんが、能力を失って喜んでる陽鞠が一番可愛かったです。

 

・東渚沙 ルート

f:id:ao-erg:20180527015557p:plain

正直このルート苦手な人は多いと思うのですが、自分はわりと好みでした。
自分だけ記憶が戻ったことをいいことに抜け駆けしたのに、主人公とりんかも記憶が戻ったら逃げ回るという、なかなか性格悪いですしめんどくさいキャラクターだとは思います。
しかし唯一(だと当初は思っていた)の開始時点で好感度MAXのキャラクターですし、抜け駆けするくらいの貪欲さはあって然るべきだと思うので、自分は良いと思います。
めんどくさい性格なのも、まあツンデレなんて元からめんどくさい性格ですし、そこまで気になりませんでした。
ただ逃げ回る部分が長かったのでもう少し短くても良かったと思いました。

 

・一ノ瀬星里奈 ルート

f:id:ao-erg:20180527015626p:plain

あまりそんな素振りがなかったのにルートに入ったら好感度MAXでした。
しかしそれ以外の点は、特に問題なかったと思います。
面白いというほどではないけれどつまらなくもなく、無難な内容でした。

 

・神宮りんか ルート

f:id:ao-erg:20180527015702p:plain

実質TRUEルートのような内容でした。
作中の謎が全て解明されるのでそれなりに面白かったですが、明かされてもさほど良い話というわけでもなかったので、インパクトに欠けるという印象です。

昔の好きだった記憶を取り戻したから今も好きという流れはあまり気に入らなかったです。
どうしても過程が薄く感じてしまいました。

どうでもいいことなのですが、ファーストキスのシーンが物凄く気になりました。
CGがキス顔になったので、キス来るかと思って読んでいたらキスする描写全くなくキスし終えていて、思わず読み返してしまいました。読み返してもそんな描写なかったですけれど。

 

④その他

要所要所面白い点はありましたが、全体的に唐突に記憶を取り戻して話が進むので、いまいち面白く感じられませんでした。
りんか以外の三人のルート全てで、やっぱり付き合うことはできないという内容の話が続いたのも、あまり良くなかったと思います。星里奈はその部分が短かったですし、話の流れとしても悪くなかったのでまあいいのですが、他二人はシリアスの大半をそれが占めているのであまり擁護できません。

評価はAかB+か迷いましたが、他の評価Aにした作品と比べると劣っていると感じるので評価はB+です。

 

以上です。ここまで読んでくださり、ありがとうございました。