読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想処。

ボキャ貧がエロゲの感想を書くだけのブログです。

ISLAND 感想

ISLAND(frontwing)の感想です。

f:id:ao-erg:20161228203905p:plain

公式サイト:ISLAND | Frontwing
発売日:2016年4月28日
※全年齢対象作品

①評価:S

以下、多量のネタバレを含みます。

 

②自分の攻略順・おすすめの攻略順

自分は、夏蓮→紗羅→凛音、という順番で攻略しました。
おすすめの攻略順ですが、そもそも凛音は最後にしか攻略出来ないため、夏蓮と紗羅のどちらから攻略するかの2択しかありません。
どちらからでも構いませんが、どちらかというと夏蓮を先にプレイした方が良いかと思います。

③共通ルート・個別ルートの感想

・共通ルート

伝承やら煤紋病やらタイムトラベルやらと設定が盛り沢山でした。
初めにプレイしたときは設定多すぎないかとも感じましたが、終わってみるとちゃんと全ての設定を活かせていたので良かったです。
謎や伏線も散りばめられていて、良く出来た共通ルートだったと思います。
話としては面白かったですが、恋愛ADV感はあまりなかったです。

・枢都夏蓮 ルート

f:id:ao-erg:20161228204250p:plain

共通ルートの盛り沢山な設定から一転して普通のギャルゲーなルートでした。
タイムトラベルが全く絡まないストーリーですが、切那が過去も未来も選ばず今を受け入れた結果なので、まあ仕方ないでしょう。
島を出て行こうとしたけれど恐怖で一度戻り、次は島を出て行ってから自らの意志で島に戻ることを選択していたところに二人の成長を感じられましたし、何度も作中で言われていた自分で選択することの大切さというものが伝わってきました。
夏蓮の兄に島での問題を全て丸く収められたのは少し残念でしたが、まあ普通に良い話だったと思います。

・伽藍堂紗羅 ルート

f:id:ao-erg:20161228204134p:plain

タイムトラベルが絡む話…かと思ったら最終的にタイムトラベルは関係ないルートでした。
いまいち恋愛ADV感はなかった気はしますが、話は面白かったです。
ただ散々話されていたタイムトラベル自体が無かったという内容なので感想がとても書きにくいです。
クリア後に振り返ってみると、万里愛の言った嘘の使命に振り回されてしまっただけなように感じます。
まあ凛音ルートでタイムトラベルの話をさらにするので、その導入としてのルートなのかと感じました。

・御原凛音 ルート

f:id:ao-erg:20161228204047p:plain

イチャラブもしつつ、本筋である切那の話やタイムトラベルの話もされていました。
読んでるときは5年前の切那や今の時代の切那などと言われて若干こんがらがってましたが、進めればちゃんと理解できるようになっていたので良かったと思います。
感情移入するのは若干難しかったですが話はとても面白かったです。
このルート自体はバッドエンドのような終わり方となってしまいますが、ここからまだまだ続くのでまあ良いと思います。

後から読み返すと、最後の方に玖音が自分のことを「決して叶わぬ恋に溺れていた」と言っていた意味が理解できました。

・冬編

f:id:ao-erg:20161231125926p:plain

ここが一番気に入っています。
そんなに長くないものだと思ってプレイしてたら想像の何倍も長くて驚きました。
これまでの話とは別物かのような話でしたがとても面白かったです。
2万年後の未来で、リンネと共に世界を救うべくカレンやサラが死のうとも奮闘している様は良かったです。
なにより自分は救われないのにタイムマシンで切那を元の世界に戻すリンネが健気すぎて泣けました。
後から分かることですがこの後コールドスリープマシンを一人で直すのかと思うと、リンネ頑張りすぎですね。

・真夏編

f:id:ao-erg:20161231130021p:plain

ここにきてアイランドは未来ではなく過去であり、玖音が真ヒロインというどんでん返し。
ここまで何回タイムトラベルを繰り返してきたのか、この先世界が救えるのかは分かりませんが、気づいてもらえただけでもリンネは報われたと思います。

④その他

ボリュームは若干少ない気もしますが、非常に感動出来たので満足しました。
文句なく評価Sをつけさせていただきます。
来年もこのような作品に出会いたいですね。

以上です。ここまで読んでくださり、ありがとうございました。